歯周病とは〜症状からその怖さも含めて

歯周病は、歯槽膿漏とも呼ばれることがある疾患です。歯と歯の間、また歯と歯肉の間に蓄積した汚れの中に潜んでいる細菌によって炎症が引き起こされるのが主な症状です。最初は歯や歯肉の疼き、むず痒さ、また口腔内の異臭と言う程度の症状で済みます。
しかし症状が進行していくと、歯のぐらつき、口腔内からの腐敗臭、歯茎や歯肉からの出血が出るようになります。そして最悪の場合は、歯を支えている土台骨である歯槽骨が溶けてしまって、歯が抜け落ちてしまうこともあります。



更に歯周病は、最近による感染症です。そのため、その細菌が口腔内から血中に溶け込み全身に回るとあらゆる疾病を引き起こすこともあります。つまりその影響が口腔内に留まらないと言うのが、歯周病の怖いところです。
たとえば歯周病原因菌には、動脈硬化、血管の柔軟性を失わせ、血流を停滞させる原因にもなる状態を引き起こす物質が誘発されることが明らかになっています。

毎日新聞の情報探しはそれほど難しくありません。

それによって心臓病や脳こうそくなどが引き起こされる可能性が高くなることが指摘されています。

また原因菌は血糖値にも影響を及ぼすことから、糖尿病の発症にも関係があるとも言われています。

また歯周病になると、噛むこと、喋ることに支障が出やすくなります。
噛むこと、喋ることは脳に刺激を与えることでもあるため、その支障によって脳への刺激が低下し、脳機能が低下することもあるとされています。


その結果として、認知症が引き起こされる可能性が高くなるとも言われています。

ですから、口腔内だけではなく全身の健康を守るためには、まずはその予防に努めることが重要です。