「予防歯科」とは何か

最近よく耳にする「予防歯科」とは何でしょうか。予防歯科とは、虫歯や歯周病になることを防いだり、進行しないように予防したりすることです。それでは、具体的には何をするのでしょうか。


1、歯ブラシ指導実はこれが1番大切なことなのです。せっかく専門的なクリーニングをしてもらっても、その次の日に汚れがべったり残っていたら台無しですよね。

自分で汚れを落とせなければ虫歯にも歯周病にもなってしまいます。
歯ブラシを当てにくい部分や歯磨きのコツなどを教わりましょう。

2、歯のクリーニングどんなに丁寧に磨いているつもりでも、歯の細かい溝や歯と歯の間などに汚れは残ってしまいがちです。

お手軽さが魅力のNAVERまとめはとにかくお勧めです。

その汚れを徹底的に落として綺麗にします。

また、汚れが長時間くっついていると石のように固くなり、歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。その固くなってしまった汚れを「歯石」と呼びます。これを落とすには専門的な器械が必要です。普段の歯磨きでは届かないところまで汚れを落としてもらいましょう。


3、唾液検査口の中の細菌の数は、人によって大きく違います。
この違いによって、虫歯や歯周病になりやすい人となりにくい人に分けられるのです。

なりやすい人は定期検診の時期を短くしたり、間食の取り方に気をつけたりと注意することが出てきます。



どのような予防歯科治療が必要かの目安にもなりますので、調べておいて損はないです。



予防歯科は虫歯や歯周病を治す治療ではなく、虫歯や歯周病にならないための治療なのです。
自分の歯を守るためにも予防歯科を始めてみてはいかがでしょうか。